掛け軸 おしゃれ 「無一物」 茶掛け 肉筆 手書き 四尺四 紙本掛軸 書作品の表装 年中掛け 床の間などに掛けて鑑賞し 茶道の茶室内で用いる禅語 和室 書斎 书房 居間 客間 リビングルーム 装飾品

  • ¥6,777
    単価 あたり 
  • ¥2,200 OFF
税込 配送料一覧 ① COD - 代金引換 をサポート ② 配送料無料、僻地を除いて。


【商 品 名】「無一物」上質肉筆書作品掛け軸(掛軸)(画寸:縦72×横32cm 軸寸:縦120×横40cm)
【収蔵価値】著者は中国の有名な書家で、彼の書道作品は全国の大賞を受賞したことがあります、彼は中日書道文化交流に尽力した、彼は日本の有名な書家の書の特徴を長い間研究して、そしてその長所を取って、彼の作品は観賞と収蔵の価値が高い。
【製品の材質】表装:安徽省宣城で産する紙.画仙紙 + 綾布 + 木製の軸頭。
【商品説明】肉筆 手書き 作品ですので、それぞれの絵が少しずつ異なります,印刷物とは違います,理解し、許容してください。
【商品用途】贈答品 プレゼント 年中掛け 床の間 リビング 寝室 和室 表具 書 おしゃれ インテリア アート,美術品は実際に使用するより、コレクション観賞最適。

「無一物」という三つの言葉は、禅宗六祖惠能大師の「菩提偈」から来ています。この言葉は、禅宗の核心思想を表しており、「菩提本無樹、明鏡亦非台、本来無一物、何處惹塵埃」という言葉があります。ここで、「菩提本無樹、明鏡亦非台」は、仏性が境界を持たないこと、菩提に通じる最高の境地であることを伝えています。「本来無一物、何處惹塵埃」は、禅宗が人生に対する精妙な理解を示し、境界を追求し、生命の意味について深く考えていることを表しています。

日本文化では、「無一物」という三つの言葉が茶道や書道の挂軸に広く使用されています。茶道では、「無一物」は茶道の精神を表すキーワードとなっており、「無を以て有と為す」ということを強調し、シンプルさの中に美しさと精神の浄化を追求することを目指しています。茶道は、茶を淹れ、茶を飲むことを通じて、内面の静けさと平和を感じることができる独特の芸術形式です。「無一物」は、あらゆる雑念や欲望を排除し、現在の体験と感覚に集中することを意味しています。茶人たちは、精巧に作られた茶器、優雅な動作、専心した態度を通じて、茶道の精神を参加者に伝えます。

書道の挂軸では、「無一物」は哲学的な概念を表現するための芸術的手法として見なされています。書道は、日本の伝統文化の重要な部分であり、文字の書き方だけでなく、芸術的な表現方法でもあります。書家たちは、異なる筆画や墨色を使い、独自の芸術効果を創造しています。書道作品では、「無一物」の概念がよく使われ、シンプルな線や空白の余白を使って、禅宗の深い意味を表現しています。このようなシンプルで内涵に富んだ芸術形式は、禅宗の知恵と人生の意味を感じながら楽しむことができます。

「無一物」の禅理と人生哲学を含む、「無一物」の禅意と茶道、書道の芸術的融合は、私たちが深く考え、探求する価値があります。茶道や書道を通じて、「無一物」の理念に従って、物質的な欲望や雑念を超越し、内面の平静と静けさを追求することができます。この喧騒の世界で、茶道に参加したり、書道作品を鑑賞することで、内面の安らぎと知恵を見つけることができます。