掛け軸 おしゃれ 「忍」 茶掛け 肉筆 手書き 四尺四 紙本掛軸 書作品の表装 年中掛け 床の間などに掛けて鑑賞し 茶道の茶室内で用いる禅語 和室 書斎 书房 居間 客間 リビングルーム 装飾品

  • ¥6,777
    単価 あたり 
  • ¥2,000 OFF
税込 配送料一覧 ① COD - 代金引換 をサポート ② 配送料無料、僻地を除いて。


【商品の概要】1文字の禅語「忍」有名書家の手書きの掛け軸(画寸:縦72×横32cm 軸寸:縦120×横40cm)
【掛 軸の意味】①主人のセンスを上げる ②個性を形作り、美しさを生み出す ③家の風水をよくする 。有名な書家が手書きしたもので、鑑賞性と収蔵価値が高い。
【製品の材質】表装:安徽省宣城で産する紙.画仙紙 + 綾布 + 木製の軸頭
【商品説明】手描き作品ですので、それぞれの絵が少しずつ異なります,印刷物とは違います,理解し、許容してください。
【商品用途】高級な贈り物 贈答品 プレゼント 年中掛け 床の間 リビング 寝室 和室 茶室の掛物 茶道の道具

 

「忍」という文字は日本语で豊かな内包をもち、それは我慢と知恵を意味し、日本文化の中の重要な要素です。

書道「忍」掛け軸 床の間 书道 風水 禅語 運気アップ 掛軸 年中掛け 通年 茶席 茶道の道具

我慢は、日本文化の中の一つの顕著な特徴です。日本の伝统では、我慢は一种の美徳とみなされ、人々が困難と挑戦に直面する时に欠かせない品质です。日本人はしばしば我慢を通じて、生活のさまざまな困難を克服し、そして逆境から成長し、より強くなります。この種の我慢の崇拝と実践は、また日本文化の中の一つの独特な精神的面貌です。

書道「忍」掛け軸 床の間 书道 風水 禅語 運気アップ 掛軸 年中掛け 通年 茶席 茶道の道具

日本の日常生活の中で、我慢も重要な役割を果たします。たとえば、列に並ぶ、電車を待つ、通勤ラッシュなどの場面では、日本人は通常静かで秩序ある状態を保ち、自らの不満や焦燥を露にしないことが多い。この種の我慢は自我約束の表れではありますが、それ以上に他人への尊重です。我慢を通じて、日本人は調和のとれた社会環境を作り出し、人々がお互いに尊重し、理解し、支え合うことができるようにします。

日常生活の我慢以外にも、日本文化の中には多くの方面が我慢の精神を表現しています。たとえば、日本の伝統芸術形式の一つである茶道は、品茶の過程で我慢と静謐を体験することを強調します。茶道では、人々は忍耐して水が沸いて、茶叶が開くのを待ち、そして心を込めて一口ずつ茶の味を味わいます。この種の我慢の体験と悟りは、喧噪の世界から瞬間の静けさと内面の平穏を人々に与えます。

書道「忍」掛け軸 床の間 书道 風水 禅語 運気アップ 掛軸 年中掛け 通年 茶席 茶道の道具

また、日本文学も我慢の精神を重要な媒体とします。多くの日本文学作品は主人公が困難に直面する時に見せる我慢と不屈の精神を描きます。これらの作品を読むことで、読者は我慢がもたらす力と知恵、そして人々が困難に直面しなが|$不断成長し変貌する勇気を感じることができます。

全体として、「忍」は日本文化においては困難と挑戦に直面する時の態度と知恵を意味します。我慢を通じて、日本人は生活のさまざまな困難を克服するだけでなく、調和がとれて秩序ある社会環境も作り出します。この種の我慢の崇拝と実践は、自我修养の表れではありますが、それ以上に生活への深い理解と悟りです。