掛け軸 おしゃれ 「福」 茶掛け 肉筆 手書き 四尺四 紙本掛軸 書作品の表装 年中掛け 床の間などに掛けて鑑賞し 茶道の茶室内で用いる禅語 和室 書斎 书房 居間 客間 リビングルーム 装飾品

  • ¥6,777
    単価 あたり 
  • ¥2,000 OFF
税込 配送料一覧 ① COD - 代金引換 をサポート ② 配送料無料、僻地を除いて。


【商品の概要】1文字の禅語「福」有名書家の手書きの掛け軸(画寸:縦72×横32cm 軸寸:縦120×横40cm)
【掛 軸の意味】①主人のセンスを上げる ②個性を形作り、美しさを生み出す ③家の風水をよくする 。有名な書家が手書きしたもので、鑑賞性と収蔵価値が高い。
【製品の材質】表装:安徽省宣城で産する紙.画仙紙 + 綾布 + 木製の軸頭
【商品説明】手描き作品ですので、それぞれの絵が少しずつ異なります,印刷物とは違います,理解し、許容してください。
【商品用途】高級な贈り物 贈答品 プレゼント 年中掛け 床の間 リビング 寝室 和室 茶室の掛物 茶道の道具

 

福、このシンプルな漢字は、しかし、豊かな文化の内包を持っています。日本文化では、福は特別な地位と意味を持っていて、それは幸運、幸福そして吉祥の意味を表しています。

福の象徴的意義

日本の伝統芸術とデザインでは、福のシンボルとデザインはしばしば現れます。それは吉祥を象徴するデザインとして描かれ、よく桜、鯉のように一緒に現れ、幸運、幸福そして繁栄を意味します。日本の建築、絵画そして手芸品では、福のシンボルとデザインは欠くことのできない要素であり、それらは生活を飾り付けし美化し、同時に人々の美しい生活への憧れと祈りを託しています。

福は日常の生活の中での体現

日本人の日常の生活では、福の観念はどこにでもあります。新年のとき、人々は家の玄関に福の文字をかけます。それは幸運と幸福を迎える意味です。結婚式では、新郎と新娘はお互いに福の折り紙を交換します。それはお互いに祝福すると永遠に愛し合う意味です。商店の始業式や行事活動では、福のデザインは場所を飾り付けます。それは吉祥とうちうつしを意味します。商売繁盛を意味します。

福と日本哲学の関係

日本哲学では、福は重要な地位を占めます。日本の伝統的な文化は言う、福は外から得られるものではなくて、むしろ内から得られるものです。本当の幸福と幸運を得るためには、心の修养と品格の上昇が必要です。日本人は心の調養を重视し、心の平静と満足感を求めます。そう信じています、それこそが幸運と幸福への本当の道です。