掛け軸 おしゃれ 「円 圓」 茶掛け 肉筆 手書き 四尺四 紙本掛軸 書作品の表装 年中掛け 床の間などに掛けて鑑賞し 茶道の茶室内で用いる禅語 和室 書斎 书房 居間 客間 リビングルーム 装飾品

  • ¥6,777
    単価 あたり 
  • ¥2,000 OFF
税込 配送料一覧 ① COD - 代金引換 をサポート ② 配送料無料、僻地を除いて。


【商品の概要】1文字の禅語「円 圓」有名書家の手書きの掛け軸(画寸:縦72×横32cm 軸寸:縦120×横40cm)
【掛 軸の意味】①主人のセンスを上げる ②個性を形作り、美しさを生み出す ③家の風水をよくする 。有名な書家が手書きしたもので、鑑賞性と収蔵価値が高い。
【製品の材質】表装:安徽省宣城で産する紙.画仙紙 + 綾布 + 木製の軸頭
【商品説明】手描き作品ですので、それぞれの絵が少しずつ異なります,印刷物とは違います,理解し、許容してください。
【商品用途】高級な贈り物 贈答品 プレゼント 年中掛け 床の間 リビング 寝室 和室 茶室の掛物 茶道の道具

 

「円」という文字は日本文化で満ち足りたところと調和を意味し、独特な審美と生活哲学を表します。日本人は「円」の美しさと完成さを崇拝し、それを自然と宇宙の完璧な象徴とみなします。

芸術とデザインの分野で、円は広く使われます。日本の茶道、華道と伝統的な建築などに「円」の追求がみられます。茶道で使われる茶碗は多くが円らしく造形され、華道の花篭も多くが円形の輪郭を呈します。これらはみな満ち足りた形と完璧さを象徴します。建築デザインでは、日本の伝統的な建築もしばしば円形あるいは円形の組み合わせを用いて、屋根、窓などを造形します。これは天と地が円と方をもって広がるという哲学思想を寓意します。

芸術とデザインの分野に限られず、「円」は日本文化で仲間と社交の調和にも関わりをもちます。人と交際するとき、日本人は円熟した、ゆるやかな表現を重んじ、直接な衝突と矛盾を避けます。このような交際の方式は日本人が調和のある仲間関係を追求する精神を表し、「円」の体現ともいえます。

さらに、「円」は日本文化で循環、永遠などの概念とも関連されます。日本人は宇宙と自然が循環する法則に従うと信じ、「円」はそれを表しています。伝統の神話と信仰では、多くの神々や象徴物は「円」に関連しています。例えば太陽神、月の神など。これらは日本人が循環、永遠の追求と理解を表しています。

「円」は日本文化で満ち足りたところと調和を意味し、自然と宇宙の完璧な象徴です。日本人は「円」の美しさと完成さを崇拝し、それを芸術、デザイン、仲間関係などのさまざまな分野に適用します。「円」の追求は審美観念だけでなく、生活哲学でもあります。それは日本人が調和、完璧さを追求する理解を表しています。